一本化の嘘

ヤミ金相談所

ヤミ金との付き合いが長くなると、ヤミ金と債務者(被害者)という関係であっても一部の業者とは親しい間柄の様になることがあります。

 

しかしこれはヤミ金のやり口のひとつであり、回収を容易にするための方法に過ぎないのですが、
「この人なら約束をちゃんと守ってくれる」であるとか「自分だけは特別扱いしてくれている」などと錯覚し被害を拡大させてしまう事例が見受けられます。

 

複数のヤミ金と取引していると取立てが厳しいのとそうでないのがいるでしょう。
厳しいヤミ金となると返済は一日たりとも待たないという姿勢であり、遅れれば高額の延滞金を請求されるため被害者はそこへの返済のため金策に奔走することとなります。

 

しかし金策といっても限度がありますからいつまでも続きません。
結果、延滞額は数十万円と高額なものとなり到底支払い切れない状況となります。

 

すると取立てがゆるくていつも仲良くしているヤミ金から借り換えの提案をされることがあります。
「そんなに困っているならその業者に話をつけてウチで借り換えさせてあげるよ」というわけです。

 

この話に乗ると取立ての厳しかったヤミ金からは連絡が来なくなり被害者としてはうまく話をつけてもらえたということになります。
しかし相手は仲良くしていたとはいえヤミ金です。

 

ヤミ金に取ってリスクのある借り換えなどに何故応じるのでしょうか。